骨密度を増やすコツ|骨粗鬆症対策を今から始めよう

骨の強化は大切

ファミリー

女性の場合、中年以降になると女性ホルモンであるエストロゲンが急減し、更年期障害の症状が出たりしますが、このホルモンが減ると骨密度も減少することになります。そして骨密度が減ってくると、骨がもろくなる病気である骨粗しょう症の可能性が生じ、骨折しやすくなったり免疫力が低下したりして健康に悪影響を及ぼします。こうならないためには、骨密度を増やすことを考える必要がありますが、その場合に最も効果的なのは、食事を通して骨を強くする成分を摂るということです。骨密度を増やす成分としてまず挙げられるのが、骨を形成する栄養素として欠かせないカルシウムで、これは乳製品の他、いわしなどの魚やチンゲン菜などの野菜に含まれています。この他で骨を強化する成分としては、魚類やきのこなどに多く含まれているビタミンDと納豆やほうれん草などで摂取できるビタミンKがあります。これらはカルシウムの吸収を良くしたり、沈着を助けるなどの作用も持っているので、カルシウムと一緒に摂るようにすると、より効果的と言えるでしょう。さらに骨密度を増やす方法としては、大豆イソフラボンやセサミンなどのように、エストロゲンと似た作用を持つ栄養素を摂ることも考えられます。そして、この場合には食品だけではこれらの成分を十分に摂取することが難しいので、サプリメントを利用するとよいです。また、骨に適度な負荷がかかるような運動はカルシウムが骨に沈着しやすくするので、このような運動も骨密度を増やすのに効果があると言えるはずです。